AGAとは何なのか?AGAの概要

AGAとは男性型脱毛症のこと

AGAは男性に最もよく見られる脱毛症のことで、男性型脱毛症と呼ばれています。AGAに悩んでいる男性は全国に1,300万人もいると言われており、これは日本の人口の1割に相当します。脱毛症のなかでも進行性の性質を持っているので、年齢に比例して髪が薄くなっていくのです。何も対策をしなければ、将来は今よりも薄くなってしまいます。

AGAになると髪の密度が減少していきますが、同時に髪質も細くなってきます。1本1本の髪が弱々しくなってくるのが特徴で、産毛に少しずつ近づいていくのです。AGAの前兆には抜け毛の増加、髪質のくせ毛化などがあり、ほかにも頭皮がオイリーになることもあります。頭頂部や前頭部などが気になり始めたらAGAを疑ってみましょう。

遺伝や男性ホルモンの影響により発症

AGAが男性の脱毛症と言われる理由には、男性の体質が大きく関係しています。ホルモンバランスが影響する脱毛症であり、男性ホルモンが強く影響する体質の男性によく見られています。遺伝体質により発症するケースが多いですが、遺伝的要素がそれほど強くなくても、生活習慣に乱れがあると発症することがあります。

AGAの男性の頭皮はDHT濃度が高く、これが薄毛の引き金になるのです。ヘアサイクルが乱れて髪の成長期が短くなると、成長しきる前に抜けてしまいます。洗髪後の抜け毛をチェックしたとき、細く短くなった毛が多く見られるようならAGAが始まっている可能性大です。頭頂部から進行するAGAの場合は気づきにくいので、定期的に合わせ鏡で確認するなどの工夫が必要です。