AGAの治療の方法を知っておこう!

AGA治療の基本は投薬で

20代から30代頃から発症するケースも増えているAGAですが、治療に関する注目度も高まっています。一体どのような治療が行われているか、一般的にはまだよく知られていないのが実情です。実は、AGA治療の基本は投薬治療です。AGAというのは男性ホルモンが悪影響を及ぼすことにより、髪の健康な成長を阻害してしまいます。そのため、男性ホルモンの働きを抑制するために、薬を飲んで治療を行うのです。代表的な薬には、男性ホルモンの働きを阻害する効力を持っています。この薬を服用することで、発毛のサイクルを正常化し、健康な髪の発毛を促す効果をもたらすのです。薬を飲み続けていれば、一般的に早い人で3ヶ月、遅くとも6ヶ月が経過する頃には治療効果が見られます。

必要であれば生活指導を受けられる

AGA治療の基本は投薬治療であると先に述べましたが、実は、生活習慣とも密接に関係しているのです。そのため、患者が必要とすれば、医師とのカウンセリングで生活指導を受けることができます。AGAはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの働きにより、発毛サイクルが乱れて薄毛が進行します。髪の発毛に悪影響を及ぼすジヒドロテストステロンの発生は、生活習慣の乱れが大きく影響していると言われています。不規則な生活や、乱れた食生活、それに、喫煙習慣などが絡み合って髪の毛の発毛サイクルを乱す男性ホルモンの働きが強くなります。そこで、医師は患者に対して生活を改善する指導を行い、AGAの直接的な原因でもある生活を整えることにも力を入れています。