AGAの原因って何?

ストレスによる血行の悪化

AGAの原因の一つと考えられているのは、ストレスです。ストレスの多い環境に日常的に身をおいていることにより、血中の酸素が少なくなってしまいます。頭皮にある毛細血管に酸素を運ぶ重要な役割を担うのが、ヘモグロビンです。酸素が十分に行き渡っている場合には、ヘモグロビン値は低い値を保っており、発毛に必要な酸素を十分に毛細血管に送り届ける役割を担います。ところが、ストレスにまみれた生活を送っていると、頭皮へ発毛に必要な酸素が十分に送られなくなります。その結果、ヘモグロビン値が異常に高くなってしまい、結果的に酸素が不足して血行が悪くなってしまうのです。このことから、AGAの原因の一つとして酸素不足による血行の悪化が挙げられています。

乱れた生活習慣が原因に

不規則な生活習慣や乱れた食生活というのも、AGAを引き起こす原因と考えられています。このことは、健康な髪の発毛には不可欠な男性ホルモンの働きがおかしくなり、発毛を阻害する酵素の働きが強くなることで薄毛を促進する男性ホルモンに変換されてしまうのです。詳しく説明すると、男性にとって不可欠な男性ホルモンであるテストステロンが生活の乱れにより酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンへと変換されてしまいます。これは元の男性ホルモンの働きから変換されてしまっているため、髪の健康な成長を阻害する悪い作用をもたらしてしまうのです。そうなると、髪のサイクルが乱れてしまい、髪の脱毛が増え、薄毛が促進されるAGAを発症してしまいます。